生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

十三参り(じゅうさんまいり)の意味とは?京都と大阪の違いまで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
十三参りの意味や風習について
sponsored link

パパ(お父さん)やママ(お母さん)は、いつ何時も子どもの健やかな成長を祈っていることでしょう。

 

もちろん子どもの成長に欠かせないあの行事、『十三参り』はご予定ですよね?

 

と言ってはみたものの、関西の方には馴染み深いものですが、もしかすると縁がない方が多いかもしれません(笑)。

 

そこで、知って得するやって損は無い『十三詣り』について説明します。

sponsored link

十三参り(じゅうさんまいり)とは?意味について!

さて、十三参りですが、数え年で十三歳になる子どもが『旧暦三月十三日』に虚空蔵菩薩に参拝する行事です。関西では盛んで特に京都や大阪などでは伝統行事となっています。

 

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)は、宇宙のように広大な無限の智恵と慈悲を持った菩薩(ぼさつ)で、そのため十三参りでは、智恵や知識、記憶といった子どもの成長に欠かせない利益をもたらすものとして信仰されます。

 

そのことから智恵などを授けてもらうのが十三参りの目的で、干支は全部で十二支のため、一周一回りした十三歳のときは初めて自分の干支がまわってくる年になりとても大切な節目となります。

 

また女の子は十三歳で一人前となる年齢とみなされていたため、虚空蔵菩薩の縁日が十三日だったことと結びついたことで、十三参りの風習が生まれたとされます。

 

大人の仲間入りとなり、初めて大人と同じ寸方(本断ち)の晴れ着の着物を着ますが、まだ肩の部分だけは縫い上げする「肩上げ」で袖の長さを調整する必要があります。

 

そのため、完全な大人というわけではなく“大人の仲間入り”をすることで立振舞いを身につけさせようという意味があるのですが、この意図には現代人の私としてはちょっとびっくりです。

 

この意味をお子さん本人はわからないまま言われるがまま参拝することになると思いますが、どうなんでしょうか。親御さんはここまで説明する必要があるのか。

 

私は「え?大人じゃないの?まだ子どもなの?」って困惑しそうです。優しく丁寧にわかりやすく「これは大人になるための準備だよ。」って言われた方が納得出来る気がします。

十三参り 京都での風習編

十三参りが関西で盛んであるということをお伝えしましたが、京都や大阪では若干違いがあるようです。

 

まずは、京都についてみてみましょう。

 

京都嵐山の法輪寺(ほうりんじ)は十三詣りでとても有名で、毎年多くの家族連れでとても賑わっています。

■法輪寺の住所
京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町68−3

その中でも十三参りの帰り道がとても大事で、祈祷後は本殿から寺の前にある渡月橋(とげつぎょう)までが「渡月橋を渡り終える前に後ろを振返ってはならない!」というもの。

 

この理由は、せっかく授かった智恵を落としたり戻っていったりと失われてしまうといういい伝えからです。

 

これは、“決められた約束を必ず守る”というのを意味しているといわれてます。なので、参拝前にはお子さんに事前に『振返っちゃダメ』ということを説明したうえで挑みましょう!

十三参り 大阪の風習編

次に、大阪についてみてみます。

 

大阪天王寺の太平寺(たいへいじ)が歴史の長いお寺で、「十三まいりのお寺」として多くの人々が訪れます。

■住所
大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町1−1

別名「大阪の虚空蔵さん」「なにわの十三まいり」と言われ、大阪らしく地域の人に親しまれています。

 

京都のように「振返るとダメ」という伝えはないので、ヒヤヒヤ緊張せずに済みますね。(苦笑)

 

ちなみに、子どものために京都と大阪をはしごする猛者もいるそうですよ^^;

まとめ

いかがでしたか?十三参りは子どものために絶対やっておきたい行事でしたね。

 

この日のために晴れ着も奮発してあげたいところですが…もちろんレンタルも充実してますのでお近くの着物屋さんでご相談ください。

 

お子さまの健康祈願と健やかな成長を祈っております。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。