生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

春の七草の種類は?七草粥はいつ食べる?作り方から秋の七草との違いまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春の七草の種類
sponsored link

まだまだ寒い季節が続きますね。

 

正月はおせちなどのご馳走にうまいお酒で体の重さが
気になりだした頃ではないでしょうか。

 

そんなあなたには春の七草をつかった七草粥です!

 

ちなみに、春の七草はご存知ですか?

まだ食べたことないあなた、
そもそも何なのか知らないあなたはもったいないです!

 

新しい1年を迎えるには是非食べておきたい
春の七草について説明しましょう。

sponsored link

そもそも春の七草とは?食べる時期はいつ?種類は?

春の七草は毎年、1月7日に食べます。

 

春の若葉である7種類を入れて炊いた粥である“七草粥”を、
その年の無病息災や豊年を願って食べる正月行事のひとつです。

 

正月の暴飲暴食で弱った胃腸を労わり休めるためとも言われ、
正月太りが気になるあたたや初詣で健康を祈願した人にはぴったりです。

 

春の七草の種類は下記の7種類です。

 

(1)芹(せり)
水辺の山菜で鍋料理などで用いられます。香りが良いため食欲増進に繋がります。

 

(2)薺(なずな)
三味線のばちによく似ていることから別称ペンペン草やシャミセン草とも呼ばれます。

 

(3)御形(ごぎょう)
別称はハハコ草で昔は草餅に用いられていた草で、風邪予防に効果があるとされます。

 

(4)繁縷(はこべら)
お浸しや胡麻和えなどで食べられることもあり、日当たりのよい草地や畑などに多いです。

 

(5)仏の座(ほとけのざ)
タンポポに似ており、地面に張り付くように重ねあって円形状になっています。

 

(6)菘(すずな)
蕪(かぶ)のことでビタミン豊富です。根の丸い部分だけではなく葉までおいしく食べられます。

 

(7)蘿蔔(すずしろ)
大根のことで消化を助け、風邪予防にもなり日本人になじみ深い野菜です。

 

この七草を、お粥にし食べることで健康や豊年を願うのです。

 

そんな七草粥の作り方を簡単に紹介します。

七草粥の作り方のポイント

春の七草がわかったところで次は七草粥の作り方です。
基本的にはお粥を作るのと変わりませんので簡単なポイントを説明します。

 

正月7日に食べる七草粥の作り方のポイントは、

 

(1)お米を研ぎおかゆを作るようにお水をおおめに炊く
※炊いたご飯からでも大丈夫!
(2)春の七草を細かく刻む
(3)やわらかくなったご飯に刻んだ七草を入れる
(4)七草がお好きな柔らかさにるまで煮込む
(5)塩で味付け、最後にタマゴを落としてもOK!

 

詳しいレシピは便利なクックパッドの「七草粥」をご参考にどうぞ。

 

余った七草は、パスタや汁物などにしておいしく使い切りましょう。
最後に春の七草と秋の七草の違いについて少し説明します。

春の七草と秋の七草との違いは?

春の七草と秋の七草を勘違いする人がいますが、
これは別物です。

 

春の七草が1月7日に行いますが、秋の七草は春の七草とは違い、
特別何か行事を行うということは特にありません。

 

秋の七草とは秋に花が咲く七種の草花のことで、

 

(1)女郎花(おみなえし)
(2)尾花(おばな)
(3)桔梗(ききょう)
(4)撫子(なでしこ)
(5)藤袴(ふじばかま)
(6)葛(くず)
(7)萩(はぎ)

 

これらの七草を食べるわけではなく、
秋の七草を目で見て楽しむ観賞するためのものとなります。

 

そのため秋の七草粥というものは存在しませんので、
間違って食べてしまわないようにお気をつけましょう(笑)。

まとめ

春の七草粥を食べる時間は朝と言われますが、
厳密にというわけではないのでお好きなタイミングで食べると良いでしょう。

 

またスーパーなどでは正月前後から、
綺麗にパック詰めされた七草が販売されていますので
売り切れる前に是非ゲットしたいところですね。

 

春の七草をおいしく食べて、今年1年を健康に楽しく過ごしましょう。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。