生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

雛祭り(ひな祭り)の意味と由来!雛人形を片付ける時期と食べ物についても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひな祭りの意味と由来について
sponsored link

幼い頃主役になれた『雛祭り(ひな祭り)』。思い出すと楽しかった記憶しかありません。

 

華やかな衣装を身にまとった雛人形を飾り、おいしいご馳走がテーブルいっぱいに並び、集まった親戚にちやほやと可愛がられ、大人になった今でも大切に育てられた記憶が幸せな思い出となり、ふとしたときに思い出します。

 

今度はわが子の番、盛大にお祝いしてあげたいですよね。

 

特に赤ちゃんが生まれて初めて迎える『初節句(はつせっく)』は、とっても重要!

 

雛祭りの意味や由来、雛人形を飾る理由、祝い膳の食事や食べ物などなど、ちゃんと理解してないと子どものためだと思ってやってたことが本来の意図とは違うものになってしまう可能性も…!?

 

意外とよくわからない雛祭りのアレコレを説明していきます。

sponsored link

雛祭り(ひな祭り)の意味は?由来についても

まず一番理解しておきたい、雛祭り(ひな祭り)の意味や由来ついてです。

 

日にちは毎年、三月三日です。

 

その日は巳の日(みのひ)とされ、旧暦三月上旬であることから『上巳の節句(じょうしのせっく)』といいます。

 

一般的には、桃の花が咲く季節であることから“桃の節句”、女の子の成長を願う雛祭りを行うことから“女の子の節句”や“雛祭り”という呼ばれ方が浸透していますね。

 

現在の上巳の節句は『女児の成長を願う雛祭りの日』で、女の子のすこやかな成長を祈り祝う日とされていますが、元々は年齢性別関係なく、無病息災を願う厄祓い行事の農村儀礼でした。そのため、地域地方よって特色があるのが特徴です。

 

雛人形を飾るのは一般的ですが、沖縄や奄美地方などでは手足を海水に浸して身を清める“浜下り”というものが存在したりと、受け継がれ方は様々です。

次は雛人形の意味について説明します。

雛祭り(ひな祭り)の雛人形に意味はある?

雛祭りで飾る雛人形(ひな人形)には深い意味や、込められた想いがあります。

 

古代中国では、上巳は邪気にみまわれやすいことから忌み日とされ、川で身を清めて不浄を祓う習慣がありました。これが古代の日本に伝わり『紙で作った人形に穢れ(けがれ)を託して川に流す風習』ができました。現在もこの風習は、“流し雛(ながしびな)”といい各地で行われています。

 

そして月日が経ち、この紙人形が貴族の子どもたちが人形を飾って遊ぶ「ひいな遊び」と結びつき、現代の雛人形のはじまりとなります。

 

紙で作られていた雛人形ですが、紙の雛人形を流すことは川を汚すなどという理由から、次第に土焼きの人形に変わっていき、とても繊細で芸術品となる精巧なものとなり、家で飾り楽しむものとされ雛祭りという行事になりました。

 

なお、雛人形は雛祭りの1週間前くらいまでには全ての雛人形を飾っておくとよいとされます。前日に慌てて飾るのは“一夜飾り”といい、依り代として厄災を雛人形に託して身代わりとするため失礼とされ、また葬式の準備を連想することから、とても縁起が悪いためお気をつけください。

 

また、雛人形を片付ける時期についてですが、早くしまわないと婚期が遅れるという俗信もありますが、片付けることで厄を祓ったという考えから生まれたものとされます。「大事な娘を嫁にだしてしまうくらいなら…!」なんて思っても娘さんの将来が掛かっているんですから、ちゃんと綺麗に片付けてあげましょうね!

 

昔は四日の早朝にはしまっていたそうですが、片付けるタイミングは天気が晴れたカラッとした日に行うと、湿気もなくホコリもはらいやすくなるでしょう。

最後に雛祭りで食べる食事や食べ物の意味について説明します。

雛祭り(ひな祭り)に食べるものについて

雛祭りで思い浮かぶ食べ物といえば何がありますか?「ちらし寿司」や「雛あられ」くらい?実はそれだけではありませんよ。家族や親戚などと囲む“祝い膳”というものがあります。

 

・白酒
桃の節句に白酒を飲むと邪気を祓うといわれ、江戸時代から飲まれるようになりました。蒸したもち米にみりん、あるいは焼酎と麹(こうじ)など甘酒とは別物で、アルコールが入っているお酒をお供えします。

 

・草餅
「草餅の節句」ともいわれるように、古くから雛祭りには草餅が用意されました。

 

・菱餅
菱形の赤、白、緑の餅を重ねたもの。これは雛人形を飾る雛壇四段目随身(ずいしん)人形の間にも供えます。色に意味があり、雪がとけ大地に草花が芽生え桃の花が咲くのを表しています。

 

・雛あられ
菱餅と一緒に供えるもので、餅と豆を炒って砂糖で味付けしたものです。ピンク、緑、黄色、白と四季を表しているといわれ、1年の幸せに過ごせるようにと願いが込められます。

 

・蛤(はまぐり)のお吸い物
貝殻がぴったりと合わさった二枚貝に良縁を願う気持ちが込められ、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と歩んでいけるようにという縁起物です。

 

なお、“ちらし寿司”には特に意味はありませんが、縁起のよい具材や人参や卵など華やかに彩るため、食卓に春をもたらし、お祝いにぴったりの食事となるためメインメニューとして用意しましょう。子どもには甘酒を用意してあげ、食卓には桃の花を飾るとなおよいでしょう。

まとめ

今は雛祭りとして浸透した上巳の節句でしたが、子どもの成長を噛み締め涙ぐんでしまいそうですね。

 

お子様にはその日だけの特別な衣装を準備し、主役であり大切な日であることをちゃんと伝え、家族や親戚など盛大に祝ってあげましょう。毎年、家族で記念写真を残すと子どもの成長をうかがえ、子どもが大人になったときとても良い思い出になること間違いありません!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。