生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

一人暮らしに必要な家具まとめ!最低限必須とあると便利なものは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らしに必要な家具について
sponsored link

前回、一人暮らしをするうえで最低限必要な家電について書きましたが、いかがだったでしょうか?購入するのに、参考にしていただけたら嬉しい限りです!

 

一人暮らしに必要な最低限の家具についてはこちらの記事をチェックしてみてください

 

今回は家電と同じくらい何を購入したらいいのか迷う「家具」についてです。一人暮らしに必要な最低限の家具をご紹介していきます!

sponsored link

一人暮らしに必要な家具はコレ!

一人暮らしに最低限必要な家具は

・寝具(ベッド/布団)
・テーブル
・カラーボックス

とりあえず、これだけあれば初日から暮らせます。

 

腰や足が悪くてラグや畳などに座れない人は「椅子」をプラスしましょう。最近はノートパソコンやタブレットが主流ですが、デスクトップパソコンを持っている人はパソコンラックも必要ですね。

 

「タンス(チェスト)」「食器棚」は必要じゃないの?と考える方もいると思いますが、一人暮らしには値段のはる、タンスや食器棚は必要ありません。

 

タンスは重いし、場所をとるし、高いので一人暮らしには向かないんですね。高価な洋服や大量の服を持っているなら必要かもしれませんが、そんなに服を持っていない、タンスを置くスペースがない人はプラスチックケースやボックスで十分代用できます。

 

食器棚も場所をとるし、安い買い物ではないです。そもそも一人暮らしに必要な食器の量は少ないはず。頻繁にお客さんが訪れる予定が
無ければ一人分あればことたります。(カップや皿ぐらいは複数あったほうがいいでしょう)。

 

それではどんな人でも必要な「寝具」からご紹介していきます。

 

24時間のうち多くの時間を過ごすことになるのがベッドや布団などの寝具です。ベッドや布団がなくても床でごろんと寝ることはできますが、固い床では疲れが取れないし、体が痛くなってしまいます。

 

熟睡できないとなると、仕事や学業に影響が出てきてしまいます。自分の健康を守るためにもベッドや布団はしっかりとしたものを購入しましょう。

 

<ベッド>
一人暮らしの部屋の多くが狭いと思います。狭い部屋にベッドを置くと他に物を置くスペースがなくなってしまう!という人もいると思いますので、下記のようなベッドがオススメですよ。

・収納ベッド
・折りたたみベッド
・ソファーベッド

 

<布団>
起きているときは部屋のスペースをあけることができる布団は大変魅力的です。しかし布団は床との隙間がないため、湿気やカビに注意しなくてはなりません。

また、最初のころは毎日片付けていた布団ですが、そのうち片づけが面倒になり万年床になってしまうということもあります。

布団の片付けが手間だと感じるんであれば、最初からベッドを購入しておいたほうが無難です。

一人暮らしに必要なテーブルのおすすめは?

食事をするときに必ず必要なのがテーブルです。勉強したりやノートパソコンを置くこともできるのでテーブルは購入しておきましょう。

 

一人暮らしにおすすめなテーブルは「折りたたみ式のローテーブル」!

 

高さのあるものだと椅子が必要になります。また食事をするときにしか使用しないという場合は邪魔ですよね。なので使用しないときは片付けることができる、折りたたみ式のローテーブルがおすすめです。

 

テーブルを片付けなくてもスペースがあると言う人には「収納つきテーブル」がおすすめです。雑誌や本を収納できたり、上がガラスになっていてアクセサリーを収納してインテリアとして楽しめるものなどいろいろあります。

一人暮らしにおすすめしたいカラーボックス

一人暮らしに私がイチオシなのが「カラーボックス」です!

 

洋服を置いたり、食器棚の代わりに食器を収納したりと使い方は色々♪3段のカラーボックスを横にしておけば、テレビ台やちょっとしたテーブルになります。

 

また、玄関に置けば、靴箱としても使えます。カラーボックスに扉が付いたタイプもあるので、中身を見せたくない、ほこりが入るのが
心配という方は扉付きのカラーボックスをおすすめします。

 

カラーボックスはいろいろな使い方ができるので自分好みにカスタマイズして使いましょう!

まとめ

寝具(ベッド/布団)、テーブル、カラーボックスがあればとりあえず一人暮らしをスタートさせることができます。

 

テーブルやカラーボックスはそんなに値の張るものを買わず、そのうち部屋のインテリアを変えたくなったり、生活に合わなくなってきたら変えてゆけばいいと思います。

 

生活を続けていく中で、必要だなと思った物は部屋に配置できるかをまず考えて追加購入していってくださいね。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。