生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

インフルエンザの出席停止期間はどのくらい?学校への対応方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザの出席停止期間について
sponsored link

どんなに予防をしていても、インフルエンザにかかって
しまうことがあります。

 

今回は、子どもがインフルエンザに感染してしまった場合に、
どのくらいの期間休ませればいいのかについてや、
学校への対応を紹介していきますね。

sponsored link

インフルエンザ 出席停止の期間ってどのくらい?

子どもが学校に通っている場合、インフルエンザの感染拡大を防ぐために
「学校保健安全法」で学校に出席してはいけない期間「出席停止期間」が
決まっています。

*学校保健安全法は2012年4月に一部改正があり、インフルエンザの
出席停止期間の基準が改正されています。

 

さて、その期間ですが

 

「発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日
(幼児にあつては、三日)を経過するまで。」

 

となっています。

 

発症から5日以内に熱が下がったとしても
「発症した後5日を経過」かつ「解熱した後2日を経過」の両方を満たさねば
ならないので最低でも5日は出席停止になります。

 

また、熱が下がった日によって、出席停止期間は延長していきます。
たとえば、発症から5日目に熱が下がった場合はあと2日(幼児は3日)、
家で安静にし、8日目(幼児は9日目)からの登校になります。

 

発症日は、病院を受診した日ではなく、インフルエンザの症状(38度以上の発熱等)が
始まった日となっています。
ですので病院受診時に、医師に発症日の確認、相談をしましょう。

インフルエンザで出席停止の期間は欠席扱いになるの?

子どもがインフルエンザにかかって出席停止になった場合、
休んでいる間の単位はどうなるのかって気になりますよね。

 

出席停止はインフルエンザ拡大を防ぐために休んでくださいという期間なので、
もちろん出席停止期間中の欠席は欠席数に数えません。

 

単位を落としたり、卒業できるか心配だった方は
欠席にはならないので安心してください。

インフルエンザからの出席停止期間明け、「治癒証明書」の提出は必要?

医師の診断を受け病院が出す「治癒証明書」の提出は
法的には必要ありません。

 

厚生労働省・文部科学省も「治癒証明書を取得させる意義はない」
としています。

(ただ、中には治癒証明書の提出を求める学校もあります。)

 

また病院側が出す治癒証明書は必要はないが、
学校側が用紙を用意する形での治癒証明書(治癒報告書)の
提出を求める学校もあります。

 

学校のホームページに報告書のテンプレートが用意されている
ところもありますので、まずは学校のホームページを確認しましょう。

 

ホームページに記載がなかったり、ホームページ自体がない場合もあるので、
その場合は学校側に確認しましょう。

 

教育委員会のホームページにインフルエンザに
なったときの対応が記載されているところもありますので、
地域の教育委員会を確認してみるのもひとつです。

まとめ

子どもがインフルエンザになってしまった時の
学校の出席停止期間について紹介してきました。

 

まず、病院に行き子どもがインフルエンザだと分かったら、
医師にインフルエンザの発症日を確認します。

 

学校のホームページを確認し治癒証明書の提出が必要かどうかを確認し、
治癒証明書について記載がない場合、
インフルエンザで欠席する旨を伝えるときに治癒証明書について聞きましょう。

 

子どもがインフルエンザにかかると、
看護や他の家族にうつらないように配慮したりに加えて
こういう手続きへの対応もあるので大変ですが、
落ち着いて対応していきましょう。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。