生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

犬山祭り2016(第382回)の見所は?車山運行ルートと駐車場もチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬山祭2016年の開催概要
sponsored link

犬山祭りは毎年4月の第1土日曜日に開催され、「重要無形民俗文化財」に指定される寛永12年(1635年)から続く伝統あるお祭りです。

 

また、愛知県の「有形民俗文化財」に指定される車山(やま)と呼ばれる3層の担ぎ物が名物でございますよ!まずは開催概要をチェックしてみましょう!

sponsored link

第382回犬山祭り2016年開催情報

開催日 平成28年(2016年)4月2日(土)~4月3日(日)
会場 針綱神社(はりつなじんじゃ) 犬山城下町一帯、名鉄犬山駅西口すぐ
住所 愛知県犬山市犬山北古券65−1

当日は4/2「試楽祭(しんがくさい)」と4/3「本楽祭(ほんがくさい)」に分かれ、試楽は満開の桜並木の城下町に13町の豪華な3層車山13輌が町に繰り出します。笛や太鼓に合わせたからくり人形が舞いを披露し、夜には1年分を表す365個の提灯に火を点し町中を練り歩き、本楽には針綱神社で神事が行われます。

 

見所は5つ!

・車山揃え
13輌の車山が一同に勢揃い!見事です!
・からくり
車山の上で楽曲に合わせて動くからくり人形からは目を離せません!
・どんでん
車山の“てこ”といわれる曳き手(ひきて)たちが力を合わし方向転換する「どんでん」は大迫力!
・夜車山
夜になると365個の提灯(ちょうちん)を一斉に点し巡行します!
・練り物
祭りの原点といわれる趣向をこらした作り物や仮装した行列!子供競子が可愛い!

 

この中でも祭りの主役ともいえる「車山」は絶対に見逃せません!

2015年の犬山祭の様子

犬山祭り2016年の車山ルート・スケジュール

車山は13輌すべてに見事な仕掛けを施した、からくり人形はとても華麗で見る人を魅了します!重さ5t超の車山を、てこの男達が豪快に持ち上げ方向転換する様は圧倒されます!

 

今年2016年の犬山祭り車山の運行ルートにスケジュールは以下の通りです!

4/2(土)は車山がからくり披露後に「神社組(6輌)」と「駅前組(7輌)」の二手に分かれます。

■4月2日(土)試楽祭(しんがくさい)
8:00~9:00 各町内から車山13輌が針綱神社(犬山城前広場)に向け出発
9:40~10:40 車山13輌が針綱神社(犬山城前広場)に集結
12:00~13:30 駅前組7輌の車山が順次「からくり」を披露、「犬山駅西口」へ
13:55~15:10 神社組6輌の車山が順次「からくり」を披露、後待機

・神社組(6輌)※針綱神社前
17:50 神社組の6輌車山が365個の提灯を点燈開始
18:45 針綱神社前(犬山城前広場)を順次出発、城下町を運行し各町内へ
21:45 各町内帰着

・駅前組(7輌)※犬山駅西口
18:00 駅前組の7輌車山が365個の提灯を点燈開始
19:00 夜車山曳出式
19:25 犬山駅西口ロータリーを順次出発、城下町を運行し各町内へ
21:45 各町内帰着

 

4/3(日)は車山がからくり奉納後に「北組(6輌)」と「南組(7輌)」の二手に分かれます。

■4月3日(日)本楽祭(ほんがくさい)
8:00~8:30 各町内から車山13輌が針綱神社(犬山城前広場)に向け出発
8:40~9:20 車山13輌が針綱神社(犬山城前広場)に集結
9:50~14:30 車山13輌が順番にからくり人形を奉納、北組は「余坂」、南組は「出来町」へ。

・北組(6輌)※余坂
18:00 北組の6輌車山が365個の提灯を点燈開始
18:30~18:55 余坂を順次出発、6輌車山が針綱神社向け
19:55~20:05 針綱神社を順次出発、城下町を運行し各町内へ
21:45 各町内帰着

・南組(7輌)※出来町
18:00 南組の7輌車山が365個の提灯を点燈開始
18:40~19:10 出来町を順次出発、城下町を運行し各町内へ
21:45 各町内帰着

 

順繰り町中を練り歩くのでじっくりと車山を観ることができ、また桜咲く風情ある町並みに日本の古きよき歴史が物語ってきます。

さらに詳しい情報は公式をご確認ください。
第382回犬山祭 犬山観光情報

第382回犬山祭りの駐車場情報!

最後に駐車場情報についてです。

 

駐車場は各箇所に「通常駐車場」と「臨時駐車場」があり、料金は「有料」から「無料」までそれぞれです!

 

■第382回犬山祭り駐車場
・犬山城第1駐車場 140台
料金:自動二輪200円(1回)、普通車500円(1回)、大型バス1500円(1回)
・犬山城第2駐車場 80台
料金:無料
・犬山城第3駐車場 150台
料金:普通車200円(1時間)

■第382回犬山祭り臨時駐車場
・木曽川緑地 臨時駐車場 60台
料金:無料

他には「犬山駅」付近の「有料パーキング」があります。

・名鉄協商犬山東パーキング 263台
・名鉄協商犬山西パーキング 110台
※60分(00:00 – 24:00) 200円/入庫より24時間まで 1,200円

駐車台数は決して多いとはいえず数に限りがあります。例年推定50万人ほどの人で賑わうお祭りとなり会場周辺は混雑するため「公共交通機関」をご利用された方がよろしいでしょう。

 

祭り会場は名鉄「犬山駅」西口降りてすぐなのでアクセス便利ですよ!

まとめ

春爛漫のこの時期ならでは愛知県犬山市の風物詩、『第382回犬山祭り2016』はいかがでしょうか。

あの活気に溢れた雰囲気は是非とも体験して感じていただきたい!春夏秋冬と書くように1年はこれからです。この犬山祭りで元気をもらって今年1年も張り切って頑張っていきたいところですね!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。