生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

岩倉桜まつり2016年の見所は?混雑具合と駐車場の有無もチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岩倉桜まつり2016年情報
sponsored link

春はお出かけの季節。特にこの時期は「桜」をお目当てに外出する人が多いのではないでしょうか。

 

日本のさくら名所100選で有名な『岩倉桜まつり』はご存知ですか?

 

愛知県岩倉市で毎年この時期になると開催される桜まつりで、市内を流れる五条川沿いの両岸に桜が咲き誇り「桜×川」の幻想的な風景が最大の魅力。

 

今年2016年の岩倉桜まつりの開催情報から気になる混雑具合、駐車場情報をご紹介いたします。

sponsored link

岩倉桜まつり2016年の開催概要!

各地の桜の名所の中でもイチオシの岩倉桜まつりは、なんといっても見所は五条川にかかる桜のアーチ。両側に続く桜並木が桜のトンネルとなり花見客を歓迎してくれているよう。

満開を迎えた散り際には桜の花びらが川面を覆いまた違う雰囲気を楽しむことができます。

ではさっそく『岩倉桜まつり2016』の開催概要をチェックしてみましょう。

■岩倉桜まつり2016
開催日 2016年(平成28年)4月1日(金)~4月10日(日)
開催場所 五条川沿い 愛知県岩倉市八剱町地内~下本町地内

 

夜には「夜桜ライトアップ」があり、18時~21時までとわずかな時間ではありますが日中とは一味違う魅力に出会うことができます。

 

開催期間中はお祭り広場ではセレモニーやステージイベントなどイベントが盛りだくさんです!

■実施イベント
・4月2日(土) セレモニー
10:30~(セレモニー前・い~わくんステージイベント)
・4月2日(土) 山車巡行/からくり実演
※雨天の場合4月3日(日)に順延
・4月2日(土)~4月3日(日) のんぼり洗い実演
10:30/12:30/14:30(※その他期間中は11:00)
※各回先着3名
・4月3日(日) 花咲か大声コンテスト 先着30名
※定員になり次第締め切り

 

鯉のぼりを川で洗う「のんぼり洗い実演」は、染色の際に色が混ざらないようにつけられた糊を落とすこの時期の風物詩で、実際に参加し体験することができます。参加者には粗品のプレゼントもあるようなので是非参加したいところです!

 

他、開催期間中は4月1日(金)~4月10日(日)まで「岩倉桜まつりスタンプラリー」が実施されます。公共交通機関を利用した方に、い~わくんグッズや抽選でお食事券やお買い物券などが景品が当たるスタンプラリーとなります。

 

また期間中は多くの屋台や出店が並び、名物の「岩倉やきそば」は絶対はずせません!

岩倉桜まつりは2016年も混雑する?

次に気になる岩倉桜まつりの混雑状況についてです。

 

期間中は毎日がお祭りなので、縁日のようにたくさんの人で賑わいます。特に賑わうのが週末!なので人ごみや混雑を避けたいのであればやはり「平日」が望ましいでしょう。

 

しかし、「のんぼり洗い実演」などイベントごとは週末に開催されるため、時間に余裕を持って行動しある程度心の準備をした上で出向くと良いでしょう。

 

逆ににぎやかな場所やお祭りの雰囲気が好きな人には週末がいいですね!

岩倉桜まつり2016年の駐車場情報!

最後に岩倉桜祭りの駐車場情報についてです。

 

開催期間中は各臨時駐車場が用意され、環境保全事業協力金が必要となり有料となります。

■岩倉桜まつり2016臨時駐車場
・五条川小学校横
環境保全事業協力金500円 ※4月2日(土)~4月3日(日)のみ使用可
・八剱憩いの広場
環境保全事業協力金1000円(300円クーポン付)
・南部中学校
環境保全事業協力金なし 4月2日(土)~4月3日(日)のみ使用可

 

その他にも「民間駐車場」が岩倉駅周辺に数箇所ありますが、コインパーキングで1,000円程度は確実なのと周辺道路の混雑が予想されるため公共交通機関の利用をおすすめします。

 

公共交通機関を利用すると景品がもらえる「岩倉桜まつりスタンプラリー」もあるので、風景を楽しみながら賢く利用したいところです!

まとめ

岩倉桜まつりの魅力はもちろん「桜」ですが、周辺には飲食店、お菓子屋さん、雑貨屋さんなど「花より団子」という人にも十分に楽しめるスポットが満載!1日だけとはいわずに祭り期間中は毎日でも訪れたくなること間違いなしです!

 

カップルや夫婦は「夜桜ライトアップ」で思い出に残るデートになることでしょう。

 

春とはいえまだ肌寒さが残りますので、羽織り1枚持ってお出かけください。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。