生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

花粉症がステロイド注射治療で治る?効果と副作用についても!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症の治療にステロイド注射?
sponsored link

目がかゆい、くしゃみや鼻水が止まらない・・・つらい、つらい花粉症のシーズンがやってきました。

 

その花粉症が注射1本で治るという話を聞いたことがありませんか?注射1本でつらい花粉症の症状から開放されるなんてすごいことですよね!

 

でも…そんな、魔法のような注射ならみんな飛びついて使ってるはずですが、どうして、この花粉症の注射は広く使用されていないのでしょうか?

 

今回は花粉症が注射で治ると噂の「ステロイド注射治療」についてご紹介します!

sponsored link

花粉症が注射1本で治る?ステロイド注射治療とは

花粉症が注射で治るものと言われているものは、ステロイド(副腎皮質ホルモン)の注射のことです。薬の製品名はケナコルトA、デポメドロールといいます。

 

厚生労働省の医療従事者向け花粉症専門相談箱2012に以下のような記載があります。

「デポステロイド筋注は保険で認められていますが、問題は副作用です。ケナコルトAを1バイアル(40mg)筋注しますと、血中濃度は筋注後3時間でピークとなり、その後3週間まで有効濃度が維持されます。一方、血中コルチゾール値は筋注後2週間の間0となり、副腎皮質機能の抑制は3~4週間続きます。

また、排卵に与える影響については、卵胞期初期に投与した場合には排卵は2週間以上抑制され、再開は3~6週後になると報告されています。

2000年に行われました花粉症患者さんを対象とした調査では545名中12.7%の方が本治療の経験がありましたが、その効果に対する満足度は他の治療法に比較してむしろ低値であり、かつ1シーズンに3回以上筋注を受けていた方が37.5%もあり、さらに副作用について説明を受けている方は40.6%にすぎませんでした。

他に副作用の少ない治療法が多数あり、本治療法は一般的にはすすめられません。患者さんの強い希望により使用する場合でも副作用の可能性、禁忌疾患(高血圧、糖尿病、感染症、緑内障、白内障など)の有無を確認し、十分なインフォームドコンセントを得る必要があります。」
引用元

医療従事者向けなのでちょっと難しいですよね。

 

つまり1回の注射で3週間ほど効果が持続しますが、効果が高いということは副作用も高いですよと言っています。。

 

女性の場合、生理不順、無月経になってしまいます。他に副作用の少ない治療法があるので他の治療を行いましょうということです。

 

この厚生労働省のコメントを元に多くの病院ではステロイド注射治療を行っていません。ステロイド注射をどうしても打ちたいときは、ちゃんと副作用についての説明を聞き、自分の体質ではできるのかを確認してから病院で打ってもらいましょう。副作用に関する説明がない病院でのステロイド注射治療はやめておきましょう。

花粉症に対するステロイド注射治療の副作用

自覚しやすい副作用として「生理異常」「注射部位の陥没」があります。他にもいろいろあり、分かっている副作用をあげてみましょう。

・感染症の悪化
・副腎皮質機能不全
・糖尿病の誘発、悪化、血糖上昇
・高血圧
・精神変調、うつ状態
・骨粗鬆症
・妊婦、新生児に副腎不全、奇形の可能性あり
・緑内障(視力、視野障害)

私たちが通常使う薬の副作用というと眠くなるとか、気分が高揚するぐらいで副作用が少ないですが、ステロイド注射治療の副作用は多岐に渡っています。

 

副作用が出ても注射した副腎皮質ステロイドを体からすぐに消すことはできません。薬が体から消えていくのを待つしかないのです。

 

花粉のシーズンが終わり、花粉症の症状がなくなっても、ステロイド注射の副作用で苦しむことも考えられます。

花粉症治療に良い注射ってステロイド以外にないの?

花粉用の注射がすべていけないわけではありません。
減感作療法、ヒスタグロビンなども注射ですが認められた治療です。

 

「減感作療法」
あるアレルギー物質(抗原)に対する鼻炎などがあったときに、抗原を注射する治療法を減感作療法といいます。杉花粉症なら杉の抗原液を薄くから、しだいに濃くして皮内に注射し最終的に体に杉の『抗体に対する抗体』をつくり、症状を出なくする治療です。

 

「ヒスタグロビン」
ヒスタグロビンは薬効としては、ヒスタミン加人免疫グロブリンというもので、これを体内に打つことでアレルギー反応を誘発させる血中のヒスタミンに対して耐性が出来、アレルギー体質を改善します。

まとめ

効果が高いものは副作用も高いものです。

 

花粉症はアレルギー反応によるものなのでなかなか治すことは難しいですが、症状を抑える治療法はいろいろあります。病院で医師と相談し、副作用についても確認して自分に合った治療をしていきましょう。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。