生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

花粉症の薬で眠くなる理由!眠くならないオススメの市販薬は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症の薬で眠くならないものは?
sponsored link

花粉症のつらい症状を緩和しようと薬を飲むけれど、副作用なのか、眠気がすごい!そんな方もいるかと思います。

 

この薬の眠気の理由って知ってますか?

 

今回は花粉症の薬で眠くなる理由、眠くならない薬とは何か、おすすめの市販薬をご紹介します!

sponsored link

花粉症の薬で眠くなる理由

現在、薬局や病院などで広く花粉症やアレルギー症状の患者に用いられているのが「抗ヒスタミン薬」です。

 

抗ヒスタミン薬というのは、アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質であるヒスタミンの働きを抑制し、アレルギー症状を抑制する薬で、現在「第一世代抗ヒスタミン薬」「第二世代抗ヒスタミン薬」の2種類が存在しています。

 

先に登場した「第一世代抗ヒスタミン薬」を服用すると、強い鎮静作用が眠気を引き起こしたり、インペアード・パフォーマンスと呼ばれる集中力や判断力、作業能率が低下する現象が起きます。

 

花粉症用の薬を飲んで症状は治まったけど眠い、という副作用がでているのであれば、服用している薬は「第一世代抗ヒスタミン薬」と考えられます。強い鎮静作用がある分、副作用の眠気が起きてしまいますので、服用には気をつけましょう。

 

逆にこの強い眠気を誘うという副作用を逆手にとって、睡眠薬や乗り物酔いの薬として使用するケースもあります。

花粉症の薬で眠くならないものは第二世代?

第一世代抗ヒスタミン薬を改良し、眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけなどの抗コリン作用などの副作用の少ないものを「第二世代抗ヒスタミン薬」と言います。

 

エピナスチン(アレジオン)、ロラタジン(クラリチン)、フェキソフェナジン(アレグラ)といった薬が第二世代です。第二世代の中でもほとんどの薬は眠気などの副作用があり、薬の添付文書などに自動車運転制限が記載されています。

 

自動車運転制限がされていない薬は「アレグラ」、「クラリチン」になります。「タリオン」、「エバステ」、「アレジオン」の3つの薬剤は、「自動車の運転等危険を伴う機会の操作には注意させる事」と注意を払いながらの内服を認めています。

 

それ以外の抗ヒスタミン薬はすべてこれら危険を伴う機械の操作に従事させない事となっています。(※第一世代抗ヒスタミン薬はすべて危険を伴う機械の操作に従事させない事となっています。)

 

アレグラ、クラリチンで絶対に眠気が生じないか、というとゼロ%ではありません。まれに眠気を感じる人もいます。薬を服用するときには眠気を感じても大丈夫な状況で服用しましょう。

花粉症で眠くならない市販薬は?

病院で「眠くならない薬が欲しいのでアレグラかクラリチンを処方してください」と頼むのが一番確実な方法ですが、なかなか病院に行けない、病院が嫌いで行きたくないという人が頼るのは市販薬ですよね。

 

そこでおすすめの眠くならない市販薬を紹介します。

 

「アレグラFX」久光製薬
第2世代抗ヒスタミン成分、フェキソフェナジン塩酸塩配合。「フェキソフェナジン塩酸塩」は100カ国以上で販売されているアレルギー性疾患治療剤。日本では2000年に医療用医薬品として販売され、2012年に市販薬として使われるようになりました。医療用医薬品としての実績があります。

特徴
・1回1錠、1日2回 の服用で24時間しっかり効きます。
・脳に影響を及ぼしにくいため、眠くなりにくいアレルギー専用鼻炎薬です。
・「集中力、判断力、作業能率の低下」といった、インペアード・パフォーマンスも起こしにくい薬です。
・口が渇きにくい薬です。
・空腹時でも飲める薬です。

 

「エバステルAL」興和
医療用として使われている第二世代の抗ヒスタミン薬の「エバスチン」を配合しています。

特徴
・眠くなりにくい
・口の渇きが起こりにくい
・「1日1錠、1日1回」の服用で効果が持続する薬です。1日1回就寝前に1錠服用すると翌日の夜まで効果が持続します。

 

「アレジオン10」エスエス製薬
第二世代抗ヒスタミン成分であるエピナスチン塩酸塩を配合。

特徴
・眠気やインぺアードパフォーマンスを起こしにくい
・抗コリン作用による副作用(口の渇き)が少ない

まとめ

花粉症で使用される抗ヒスタミンといっても、第一世代、第二世代でかなり違うことが分かっていただけたのではないでしょうか。

 

強い鎮静作用を望むのか、副作用の眠気が起きないことを望むのかによって薬の選び方は変わってきます。自分のそのときの体調や状況に合わせて薬は選びましょう。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。