生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

花粉症のレーザー治療の効果は?手術の痛みと費用についても!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症のレーザー治療の効果は?
sponsored link

鼻がムズムズ、目がぐずぐず…

 

毎年つらい症状に悩まされる花粉症。少しでも症状を抑えようと薬を飲むけど、副作用の眠気が凄い。どうにかならないかと色々調べていくうちに、花粉症の薬を服用する以外の治療でレーザー治療がいいと聞いたことはありませんか?

 

でもレーザーってなんだか恐そうでいまいち治療に踏み切れないですよね。

 

そこで、レーザー治療の効果や、治療中、治療後に痛みはあるのか、費用はどのくらいかかるのかをご紹介します!

sponsored link

花粉症のレーザー治療の効果とは?

花粉症のレーザー治療は「鼻づまり、鼻水、くしゃみ」など花粉症の鼻に関する症状に効果のある治療法です。特に鼻づまりを改善する効果が最も期待できます。

 

特にレーザー治療に適している人は、大量に薬を服用しないと症状が押さえられない人や、薬を飲むと眠くなってしまう人。薬をなるべく使いたくない妊婦、授乳中の方や子供でも受けれます。

 

花粉シーズンが受験と重なることが多いので、受験に集中するために受験生の方にもおすすめです。

 

レーザー治療というのは、鼻粘膜にレーザーを照射して粘膜の表層部分を変性させ、鼻でのアレルギー反応を鈍くさせる治療です。つまりレーザー治療は鼻の粘膜を焼く治療になります。

 

注意して欲しいのは、あくまで鼻粘膜でのアレルギー反応を抑える治療で、アレルギー体質を変える治療ではないということです。

 

花粉症の場合「効果がある」「効果が薄い」は花粉の量が多い、少ないにもよりますので花粉の多い時期には効果が薄いと感じることがあります。

 

また「鼻」に関する治療になりますので、花粉症の目のかゆみや、咳といった症状を軽減することはできません。

 

個人差もありますが、通常約2年間位は十分な効果が持続します。レーザーで焼いた鼻の粘膜の再生とともに効果は薄れていきます。レーザー治療は再度受けることができるので、効果が薄くなったと思ったら再度レーザー治療をするかを検討してみましょう。

花粉症のレーザー治療って痛みはある?

レーザー治療を受ける上で気になるのは痛みがあるかどうかですよね。

 

手術前に粘膜表面麻酔薬と血管収縮薬のスプレーを鼻にします。そして麻酔薬を浸した綿を両側の鼻へ挿入、30分ほど時間を置き、しっかり鼻粘膜に麻酔をしますので、手術中はほぼ痛みはありません。

 

レーザー照射中熱いと感じる方もいます。また鼻の粘膜を焼くので焦げ臭いと感じる方もいます。レーザの照射時間は5~10分程度と短いのであっという間に治療は終わってしまいます。

 

麻酔が効くまでにだいたい30分、レーザーの照射時間10分、手術後体調の変化の確認などがありますので、大よそ1時間程度の治療時間になりますね。

 

手術後1週間は鼻の中がひりひりしたり、鼻づまりが強くなりますが、鼻粘膜にできたかさぶたが取れる頃には腫れもひき、鼻づまりもよくなります。

花粉症のレーザー治療でやっぱり気になるのは費用!

レーザー治療が痛くない、時間がかからない治療法だとわかっても、どうしてもためらってしまうのは費用のことを考えてしまうからですよね。

 

レーザー治療って高いんでしょ?と思っている方、どうぞご安心ください!レーザー治療には健康保険が適応されるんです!

 

レーザー治療の手術代は健康保険1割負担の方で1800円、3割負担で5400円になります。このほか、診療費代、薬代などがかかります。また、手術後は経過を病院で見てもらう必要があるので数回の診療費がかかります。

まとめ

今までためらっていたレーザー治療ですが垣根が意外と低い治療でしたね。手術費用もそんなに高額ではないし、手術時間も短い。試す価値はあります!

 

ただレーザー治療を受ける時期に気をつけてください。花粉のシーズンに入ってからレーザー治療を受けるのは遅いので、花粉シーズンに入る2、3ヶ月前から治療を受けましょう。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。