生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

花粉症の咳の対策は?風邪との違いの見分け方と咳を止める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症の咳と風邪との見分け方
sponsored link

花粉症の主な症状といえば、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水。

 

だけど、「気管支炎?」って聞かれるぐらい、花粉が多く飛ぶ時期に咳が止まらないなんてことありませんか?

 

風邪の症状だと思ってたこの「咳が出る」という症状、実は花粉症の症状かもしれません。花粉症の症状だとしたら、どうやって咳を止めれるのか気になるところですよね。

そこで花粉症で咳はでるのか、風邪との違いや止め方を今回はご紹介します。

sponsored link

花粉症でも咳は出る?

主な症状の鼻詰まりやくしゃみ以外にも、実は「咳が出る」というのも花粉症の症状の一つです。

 

花粉を吸い込み、のどから気管に入ると、花粉がのどに付着してアレルギー反応が起きてのどがかゆくなったり、咳がでます。

 

花粉症で鼻づまりの症状がでると、鼻呼吸ができず、口呼吸をすることになります。自然と口を開け続けていると、のどが乾燥し、炎症が起きて咳がでます。口の中が乾燥すると唾液の量が減り、免疫力が落ちることも一つの原因となります。

 

また花粉がついた鼻水がのどを流れ落ちて、のどが炎症をおこすこともあります。花粉が多く飛ぶ時期に咳が出て止まらない場合は花粉症の症状かもしれません。

花粉症と風邪の見分け方

咳が出るんだけど、花粉症の症状なのか、風邪の症状なのかよく分かりませんよね。花粉症か風邪かどっちか分からなければ対処もできません。そこで花粉症と風邪の見分け方をご紹介します。

 

「のど」
花粉症の場合、のどに花粉が付着すると「かゆみ」をともないます。風邪の場合にはのどにウイルスが付着すると「痛み」をともないます。

 

なので、まずはのどが「かゆい」か「痛い」かを確認しましょう。

 

「目」
また目に「かゆみ」があるか無いかも判断基準になります。花粉症の場合、目に花粉が入るとアレルギー反応を起こし「かゆみ」が出ます。風邪の場合は、目のかゆみはほとんどありません。

花粉症から来る咳を止めるには?

花粉症からののどの痛みや咳を止めるには、花粉を吸い込まないようにし、のどを潤すことが一番いい方法です。

 

「マスクをする」
花粉を吸い込まないようにするにはマスクをつけることが効果的です。ただし、息苦しいから、メガネが曇るからといって顔とマスクの間に隙間をあけてしまうと、その隙間から花粉が侵入してしまうので、マスクは正しく装着しましょう。

 

また就寝時にもマスクをすることをおすすめします。

 

鼻づまりの症状があると自然と寝てる間も口をあけてしまい、口の中が乾燥してしまいます。のどの乾燥を防ぐためにも就寝時にマスクを装着しましょう。

 

就寝時におすすめなのは「ぬれマスク」です。最近ではドラッグストアなどでも販売されています。自分で簡単に作ることもできます。

 

「部屋を加湿する」
乾燥はのどによくありません。冬の寒い時期、暖房をつけると部屋は乾燥していますので、適度な湿り気を持たせるように加湿しましょう。

 

加湿器を使用するとこが一番簡単な方法ですが、家に加湿器がない場合は、タオルを濡らし部屋に干しましょう。洗面器にお湯を張って置いておくのもおすすめです。

 

「飴をなめる」
飴をなめることによって唾液が多く出て、自然とのどが潤います。唾液を分泌させるとゆうことが大事なので飴は特にのど飴でなくても大丈夫です。ミントや薄荷などの飴だと、鼻もスーっとするのでおすすめです。

まとめ

花粉症でも咳がでるということが分かりましたね。

 

花粉症の咳かどうかを判断するには「のど」「目」を確認するのが手っ取り早い方法です。

 

咳の症状を抑えるためには「加湿」が有効です。ぬれマスクを装着したり、タオルを干したりと今すぐ簡単にできるのですぐに実践してみましょう!

 

花粉症の症状をが重くなると勉強や仕事に大きな影響がでてしまいます。症状を軽くするためにも早いうちから花粉症対策をしましょう!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。