生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

灌仏会(かんぶつえ)の意味と由来は?花祭りの開催場所はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
灌仏会の意味や由来について
sponsored link

暖かい日が続くようになり、すっかり春らしい季節。

 

春といえば思い出すのが「甘茶」。そして「灌仏会」の花祭りですがご存知ですか?意外と知らない人の方が多いかも?身近な人とそうでない人とわかれるのは何故でしょうか。

 

今回は、そんな灌仏会について詳しく説明しちゃいます。

sponsored link

灌仏会はなんて読むの?他にも別名がたくさん!

灌仏会の読み方は「かんぶつえ」と読み、仏教行事となります。

他にも、

降誕会(ごうたんえ)
仏生会(ぶっしょうえ)
浴仏会(よくぶつえ)
龍華会(りゅうげえ)
花会式(はなえしき)
花祭(はなまつり)

など多くの呼び方があります。

 

一般的には、お花が咲き誇る春行事であるということから『花祭り(まつり)』といわれる事が多く、花祭りでは花御堂(はなみどう)という花で飾った小さめのお堂に信仰対象の立像を安置し、頭上から甘茶をかけてお祝いする行事が広く行われその名が浸透しています。

そもそも灌仏会(かんぶつえ)の意味や由来とは?

灌仏会はお釈迦(おしゃか)様の誕生を祝う仏教行事で、日本では毎年4月8日に行われます。

 

起源はインドで、仏像など信仰対象の周りを回りながら礼拝する行道(ぎょうどう)と、神輿に仏像など信仰対象を祀り寺の外を練り歩く行像(ぎょうぞう)が中国へ渡り、さらにそれが日本へと伝わることで日本でも伝統行事として定着しました。

 

お釈迦様の誕生を祝うわけなので、クリスマスの仏教版みたいなものだと想像するとイメージがわきやすいかもしれません。

 

灌仏会の日に行われる「花祭り(まつり)」では、花御堂に祀られたお釈迦様に“甘茶(あまちゃ)”というアマチャの若い葉を使ったお茶をかけますが、甘茶は字の如く甘味があるのが特徴的で、お寺が経営する幼稚園や保育園などではとても身近で親しみ深いものとなります。

灌仏会(かんぶつえ)で開催される花祭りってどこでやっているの?

灌仏会の花祭りは日本各地の寺院で行われています。特に奈良の東大寺が有名で奈良のお隣京都も印象強いです。

 

・東大寺
奈良県奈良市雑司町406−1

・興福寺
奈良県奈良市登大路町48

・朝護孫子寺
奈良県生駒郡平群町信貴山2280−1

・浄瑠璃寺
京都府木津川市加茂町西小札場40

・清凉寺
京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46

・極楽寺
神奈川県鎌倉市極楽寺3-6-7

 

他には大学などでも!

 

・龍谷大学
滋賀県大津市 瀬田大江町横谷1−5

結構フランクに灌仏会の日前後に絡めたイベント「お寺座LIVE」などが開催されたりと、現代に合わせた趣向を凝らした活動も行われています。

まとめ

灌仏会とは宗教に関わるものであるため、知っている人と知らない人に分かれていたのですね。

 

灌仏会よりキリストのクリスマスの知名度が圧倒的に浸透しているのは、やはり日本の企業戦略によるものでしょうが「メリクリ(メリークリスマス)」のように、花祭りを「メリシャカ(メリーシャカ)」とネーミングし開催しているとこもあるようなので、今後灌仏会がもっと一般的になる可能性は否定できません!

 

花祭り(まつり)は“春”の風物詩なので、毎年お寺まで足を運び続けたいものです。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。