生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

大國魂神社例大祭くらやみ祭2016年の開催概要!駐車場と混雑状況は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
くらやみ祭り2016年の開催概要などまとめ
sponsored link

ゴールデンウィークのご予定はお決まりでしょうか?

 

まだの方はぜひチェックしてほしいのですが、東京は府中市「大國魂神社」で行われる『くらやみ祭』はご存知ですか?

 

1000年の歴史を持つといわれる祭りで、長期間にわたり様々な祭典や儀式が行われる大規模のお祭りとなり、特に御輿渡御は圧巻です!GW期間中に開催されるためこの時期にピッタリなお祭りとなります。

sponsored link

大國魂神社例大祭くらやみ祭2016年の開催概要をチェック!

くらやみ祭は、都指定無形民俗文化財に指定され大國魂神社最大の例大祭となります。

 

まずは開催概要を隅々までご紹介!

■大國魂神社例大祭 くらやみ祭2016 開催概要
開催日:平成28年(2016年)4月30日(土)~5月6日(金)
場所:大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
住所:東京都府中市宮町3-1

それぞれの日程スケジュールや催しはこちら!期間中は見逃せない見所がたくさん!

■4月30日(土)
・品川海上禊祓式(しながわかいじょうみそぎしき)
午前9時30分出発 午後3時30分帰社

ここからくらやみ祭の一連の行事が始まります。「汐汲み」「お浜降り」「汐盛り」とも呼ばれる神事で、神職一行が品川海上に出て海水で身を清め、また、清めの汐水をくみ神社に持ち帰り、祭り期間中の朝夕潔斎時にこの海水を使用します。

■5月1日(日)
・祈晴祭 午前9時30分
一日祭の後引き続き行う期間中の安全祈願とともに天気が良くなることを祈る祭典です。

■5月2日(月)
・御鏡磨式 午後7時30分~午後8時
御輿に付ける鏡8枚を塩で磨き清める儀式となり、磨いた後本殿に納めます。鏡は己自身だけでなく己の心をも映し出す物であるといういわれから、鏡を磨く事により御輿奉持者の心も磨き清めるという意味があります。

 

実はまだ序盤!祭りはここからですよ〜!

■5月3日(火)
・山車の競演 午後6時~8時
欅並木に山車(だし)が約8台出てはやし立てます。目黒流と船橋流があり府中の郷土芸能となります。

・競馬式(こまくらべ) 午後8時
約千年以上続けられた古式で、旧甲州街道を一之駒から六之駒6頭が150mの距離を3往復します。

■5月4日(水)
・御綱祭 午前9時
御輿に飾りの綱を掛け御輿をお祓いします。この日にお祓いをして初めて綱が掛けられ御霊がお移りになる準備が完了します。

・萬燈大会 午後12時30分~2時
昭和54年(1979)より始められ、地元の青年会が中心となり毎年制作する万灯の出来映えやそれを操る者の技や力強さを競い合います。

・子供御輿渡御 午後1時30分
子供御輿約20基をお祓いした後、子供御輿は参道からけやき並木へと町を練り歩きます。

・太鼓の響宴 午後5時~6時
日本最大級の大太鼓が神社大鳥居前に揃い、力一杯に打つ音は体に響き渡ります。

・山車の巡行 午後6時~9時
大鳥居前の旧甲州街道とけやき並木を中心に市内から24台の山車が囃子を競演しながら巡行し、提灯の明かりに灯された山車はとても幻想的です。

■5月5日(木)
・例祭 午前10時
大國魂神社年中行事で最も重要な祭儀!

・道清め 午後1時30分
御輿や太鼓の通る道をお祓いして歩く儀式となり、御輿の渡御に先立ちその道すじを祓い清めます。

・太鼓送り込み 午後2時30分
御先祓大太鼓を始めとし、各宮の大太鼓が各町内から隨神門内と拝殿前に送り込まれます。約1時間ほどの間男達により威勢良く打ち鳴らされ続けます。

・宮乃咩神社奉幣 午後2時
境内摂社宮乃咩神社に行き奉幣行事を行います。

・御饌催促の儀 午後3時30分
細谷、浦野両氏により神前に供え神饌の調理催促する儀式となります。

・動座祭 午後3時30分
御霊を御本殿より御輿に移す事を神前に報告する祭典ですが一般非公開となります。

・威儀物授与 午後5時20分頃
御輿の露祓いの意味で奉持する刀や弓を渡す儀式です。

・御霊遷の儀 午後5時20分
各御輿に本殿から御霊を移す神事です。

・御輿渡御 午後6時
くらやみ祭のメインとなり、花火の合図とともに6張りの大太鼓が打ち鳴らされ、祭の最大の見所となります!「おいで」と呼ばれる御輿渡御が行われ、8基の御輿は白丁を身にまとった威勢の良い担ぎ手と大太鼓に導かれ御旅所まで渡御します。

・坪宮奉幣 午後8時30分
境外末社、坪宮に奉幣の儀式を行う神事です。

・野口仮屋の儀 午後10時30分
大國魂大神が当地に降臨したとき野口家に一泊の宿を求めた昔話に基づき再現する神事となり、宮司と神職は野口の仮屋に向かい、主人の野口氏の接待を受ける儀式を行います。

・やぶさめの儀 午後11時
宮司は野口の仮屋から神馬に乗って御旅所へ戻り、その北門前で馬上から弓を引き的を射る神事で、やぶさめの儀では矢が必ず的に当たるため、「やぶさめあたり矢」という名前で御神矢を授与しているそう。

■5月6日(金)
・御輿還御(おかえり) 午前4時~8時頃
早朝午前4時に各御輿が御旅所を出発し大太鼓に導かれ町内を巡行します。その後、午前7時半までに神社境内に還り、午前7時半から8時頃には8基全ての御輿が神社参道に勢揃いします。

・鎮座祭 午前9時頃
還ってきた御輿から御霊を本殿に納め、無事大祭が終了した事を報告する祭典となり、くらやみ祭の終了となり、こちらは一般非公開となります。

また5月3日(火)から500程の屋台が出揃いますよ!

期間中には太鼓に笛やはやし大人から子どもまでの賑わう声は不思議と心地が良く、人々のエネルギーに満ち溢れたくさんの元気を貰える気がします!

さらに詳しい情報は公式サイトをご確認ください。
くらやみ祭 大國魂神社

大國魂神社例大祭くらやみ祭2016年の駐車場情報

次にくらやみ祭の駐車場情報についてです!

 

大國魂神社専用の有料駐車場があります。

■大國魂神社 駐車場
駐車台数 200台
料金 30分200円

200台と大規模のお祭りの割にはさびしい台数で数に限りがあるため、他のところもチェックしておいた方がいいですね!

府中駅周辺には収容可能台数は少ないですがコインパーキングが多数存在します!

■周辺パーキング
・コインパーク府中本町1丁目 5台
・タイムズ府中宮町第7 8台
・リパ-ク府中市本町1丁目 31台
・タイムズ大國魂神社 181台
・リパ-ク府中市本町2丁目 14台
・パークジャパン府中宮町第1 13台
・さくらパーキング3 184台
・ビックイン本町駐車場 4台
・タイムズ府中宮町第6 31台
・ビック・イン本町第3 7台

大國魂神社専用駐車場と付近のコインパーキングを含めても駐車が難しい可能性がありますので、公共交通機関の利用をおすすめします。

■アクセス
・京王線府中駅より約徒歩5分
・JR武蔵野線/南武線府中本町駅より約徒歩5分

また、祭り開催期間中は周辺道路の混雑が予想されるため、時間にはゆとりをもっておでかけください!

大國魂神社例大祭くらやみ祭2016年の混雑状況は?

最後に混雑状況についてですが、期間中には約70万人もの人々が訪れるため、混雑は避けられません。

見越して事前に日程スケジュールや催しをチェックし、予定を組むといいですね!

是非ともあの圧倒圧巻の雰囲気は実際に体験していただきたいです。

まとめ

ゴールデンウィークにもってこいのお祭り、『くらやみ祭2016』はいかがだったでしょうか。

 

1000年もの長き間受け継がれてきた伝統を時代を越えたあの独特の雰囲気を目のあたりにすると、現実を忘れてしまうはず!連日参加しても飽きることありませんよ!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。