生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

入学祝いのお返しの相場金額は?オススメの品物と贈る時期についても!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
入学式のお返しの金額はいくらが良い?
sponsored link

春の到来を感じる今日この頃。早いもので子供が入学する門出の時がやってきました。

 

子供の入学ということでおばぁちゃん、おじいちゃん、叔父や叔母などの親戚や友人や同僚などの親しい人から入学祝いを頂きます。

 

子供の成長を一緒に喜んで、子供のために頂ける入学祝いは嬉しいものですが、お礼をどうしようかと悩んでしまいますよね。

 

マナー本やネットでは「お返しは特に必要ない」となっていますが、地域や家庭環境によってお返しが当たり前なところもあります。また、結構な金額を頂いて、お礼状だけというのも心苦しいという方もいらっしゃることでしょう。

 

そこで入学祝いを頂いたときのお返しについてご紹介したいと思います。

sponsored link

入学祝いのお返しの相場は?

入学祝いに頂いたお祝いの3分の1〜半分程度の予算で用意するのが一般的です。

 

ただし、地域や親戚間の暗黙のルールというものがあり「半返し」が当たり前と言うところもありますので、親やママ友たちから話を聞いてお返しの金額を決めたほうがいいでしょう。

 

「半返し」が当たり前な地域で3分の1のお返しを渡してしまうとケチだと思われ、気まずい思いをすることもりますのでお返しの金額には注意しましょう。

 

また、高額なものを頂いたときにも注意が必要です。

 

もし仮に50万円を頂いたとして、半返しが暗黙のルールだからといって25万円分の品物をお返しに渡すと逆に失礼になってしまいます。

 

子供のこれからのために使って欲しいという気持ちで50万円を贈っているはずなので、ありがたく子供のために使い、金額にこだわらず相手が喜びそうなお返しを用意しましょう。そして子供と一緒に入学祝いを贈ってくれた方に直接会い、丁寧にお礼を言うのがいいですね。

入学祝いのお返しにオススメの品物って?

入学祝いのお返しには、後に残らない消耗品を選ぶのが一般的です。

 

人気があるのはお菓子やコーヒーやお茶などの食品、ハンドソープ、石鹸や洗剤といった日常的な消耗品です。お菓子を贈る場合は日持ちがするものを選びましょう。購入するときは賞味期限の確認を忘れずに!

 

受け取る側の本音として一番うれしいのは「商品券」「ギフトカード」ではないでしょうか。自分では使わないものを貰って困ってしまったという経験がある方は多いと思います。

 

「品物を選ぶ」という楽しみはなくなってしまいますが、相手に喜んでもらえることを一番に考えると、自分の欲しいものと交換できる「商品券」「ギフトカード」、あるいは最近人気の「カタログギフト」がいいでしょう。

入学祝いのお返しをする時期は?

入学祝いは通常、入学式前までに贈るとされています。その入学祝いのお返しは一般的には「入学式の後」に渡すことになっています。

 

あまり日を空けてお返しを渡すと「いまさら何なの」と思われてしまうこともあるので、あまり間を空けず、長くても1カ月以内に渡すようにしましょう。

 

遠方に住んでいる方から頂いた場合、会いに行くための都合をつけるのに日数がかかったり、郵送で送るための準備に時間がかかりそうな場合は、入学祝いのお返しを頂いた段階でお礼の電話をしたり、お礼状を先に送っておきましょう。

 

また、贈る方の都合によりかなり早めに入学祝いを頂く場合があります。

 

入学式の3ヶ月前に頂いて、入学式後に渡すとなると3ヶ月以上の間が空いてしまいます。入学式後にお返しを渡すと「いまさら感」が出てしまうので、早めに頂いた場合は、入学式をまたずにお返しをしましょう。

まとめ

入学祝いを頂いたとき嬉しい気持ちになりますよね。お返しをするときも、相手が嬉しい気持ちになるようなお返しを用意したいものです。

 

子供のために頂いたものなので、お返しに子供が書いた手紙や絵などをプラスするとおじいちゃんやおばあちゃんは特に喜びます♪

 

子供も自分がお礼を言ったり、お礼の手紙を書くことによって感謝の気持ちを持ち、お礼をすることの大切さを学ぶことができますので、お礼には何らかの形で子供を関わらせることをおすすめします。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。