生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

六曜(六輝)先勝の意味とは?結婚や入籍は大丈夫?して良い事悪い事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
六曜の先勝の意味と由来
sponsored link

カレンダーの暦って気にしていますか?

 

暦の中でも「大安」や「仏滅」などの暦注は、結婚式の日取りとして良い日や悪い日などと耳にしたことはあるのではないでしょうか。他にも「先勝」や「友引」など全部合わせると6つ存在します。

 

今回はこの六曜のうちの『先勝』について、意味や由来、結婚・入籍などの日取り、して良いこと悪いことなどまとめて説明します。

sponsored link

六曜(六輝)とは?先勝(せんしょう)の意味は?

まず最初に理解しておきたいのが、六曜についてです。

 

六曜(ろくよう/りくよう)とは、「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の6つの総称で、カレンダーにある暦注(れきちゅう)といい、その日の日時や方向などの吉凶からその日の運勢などを記載したものの一つとなります。

 

六曜は六輝(ろっき)宿曜(すくよう)ともいい、これは7つの天体の事を指した七曜(しちよう)との混同を避けるために明治以後に作られた名称です。

 

中国で生まれた思想とされますが、いつの時代から使用されていたかは不明で、六用を用いて軍略に役立てたといわれる一説があったりと由来は定かではありません。

 

六曜の一つめである『先勝(せんしょう/さきかち)』の意味については。

「先んずれば即ち勝つ。午前中は吉、午後二時より六時までは凶、早ければ良い。万事に急ぐことが良い。」

とされ、急用など何事も急いで行い早い時刻ほど良く、午前中に物事を行うのが良いとされる日です。

六曜(六輝)先勝の日に結婚や入籍はアリ?ナシ?

ほとんどの方が一番気にするタイミングといえば、結婚や入籍などの日取り決めのときではないでしょうか。

 

おめでたい事柄は基本“大安の日”が良いとされますが、“先勝の日”は、結婚や入籍の日としてアリなのか?ナシなのか?

その正解は、「人それぞれ」です。

 

というのも、六曜はもともと占いと同じように信じるか信じないかによって変わってきます。信じる。もしくは信じてはいないけど気にはするという方は、ご両家のご両親の意見も参考にするとよいでしょう。

 

先勝は急ぐと良いとされることから結婚の際の挙式や入籍を、“午前中に全てを済ますことが出来る”のであればアリといえるでしょう。

 

また、結婚式場は大安や友引の日などはどうしても混雑するため割高になり、逆に“先勝”の日など式場に余裕があるときに挙式を挙げると、割引サービスがあったり特典がついてきたりとお得となります。

 

司会進行や式場スタッフも、普段からプロとして素晴らしい対応をしてくれるとは思いますが、忙しく慌ただしい日よりはゆったりと余裕がある日の方が、スタッフも落ち着いて接客できることから更に満足の行く対応をしてくれるのではないでしょうか。

六曜の先勝の日にして良い事や悪い事とは?

さて、結婚や入籍については上記で説明した通りですが、他にして良い事や悪い事はあるのでしょうか。基本良いことや縁起がよいとされるのは、午前中までであるということを前提とし例をあげてみます。

 

先勝の日にして“いいこと”は、

・結婚式、入籍、婚約
・厄除け、厄払い
・訴訟
・営業など大切な仕事
・賭け事

 

などなどです。あくまでも“午前中まで”ということはお忘れなく!

 

その日の午前中であればよいとされますが、急ぐことで後々自分の首を絞めるようなことがないように、事前の準備は抜かりなく行うのをおすすめします。

 

先勝の日にして“わるいこと”は、午後に大きな用事をすること。大事な事柄は進めずに大人しく平凡に過ごすとよいでしょう。

 

どうしてもその日の午後にしかできない事であるというのであれば、急がず焦らずひとつひとつをきちんと確認した上で進めることで、大きなミスなど起こす可能性は低くなるはずです。

まとめ

六曜の先勝について説明させていただきましたが、信じるか信じないか本人次第ですので、あまり気にしすぎず“物事を決めるための材料”として、うまく利用すると良いかと思います。

占いっていい事ばかり信じちゃったりしますもんね!笑

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。