生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

六曜(六輝)友引の意味とやって良い事悪い事!結婚や葬式は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
六曜の友引の日に葬儀はNG?
sponsored link

生活の中で六曜を気にすることはありますか?

 

カレンダーの「大安の日に宝くじを買うと良い!」などありますが、それ以外はあまり気にすることはないのでしょうか。

 

今回はこの六曜のうちの『友引』について、意味や由来、結婚・入籍などの日取り、して良いこと悪いことなどまとめて説明します。

sponsored link

六曜(六輝)の友引(ともびき)の意味は?

六曜の『友引(ともびき)』の意味についてですが、

「凶事に友を引くという意味があるため、葬儀は慎む日とされている。その他の事では何事も引き分けで勝負のつかない日となる。朝晩は吉、正午のみ凶。」

とされ、火葬場はお休みになったり葬儀をすることは好まれていないのは、どこかで聞いたことあるのではないでしょうか。

 

これは、友引という字が「凶事に友を引いてしまう」ということから、故人が親しかった友人を連れて行ってしまうなどと言われたりしますが、あくまでも迷信で、本来の意味とは別の意味で根づいてしまったものとなります。

 

元々はこの「友を引く」という漢字ではなく、何事も引き分けになることから『共引(ともびき)』でした。

六曜(六輝)の友引の日に結婚や入籍はアリ?ナシ?

ここで気になるのが、結婚や入籍などの日取り決めのとき友引は良いのか悪いのかでしょう。

 

おめでたい事柄は“大安の日”が良いと聞いたことがあると思いますが、“友引の日”は、結婚や入籍の日としてアリなのか?ナシなのか?

 

六曜はもともと占いと同じように信じるか信じないかによって認識が異なりますが、アリかナシかと言われるとその正解は、「アリ」と言えるでしょう。

 

友引は大安の次にお日柄が良いとされ、「友を引く」ということから友を引っ張って多くの人が出席してくれたり、同じような幸せを引っ張って繋いでくれ独身の方などに良縁をもたらしたりと、縁起も良いとされます。

 

そのため、友人に恵まれていたり多くの友人を招待する予定だと、はじめから友引の日を選択するカップルも多のいです。

 

式場も大安の日は大変人気で空きがなく押えづらかったりするので、その点でも友引の日はおすすめといえるでしょう。

六曜の友引の日にして良い事と悪い事について

さて、結婚や入籍については上記で説明した通りですが、他にして良い事や悪い事はあるのでしょうか。

 

友引は朝晩が吉、正午のみ凶ということですが、晩は大吉といわれることもあるため正午のみさけると上手く事が運ぶそうです。そのため、正午の1時間前後は避けた予定を組むとよさそうですね。

友引の日にして“いいこと”は、
・結婚式、入籍、婚約、引き出物を出す
・お見合い、婚活
・厄除け、厄払い
などなどですが、“11時〜13時を避けた日程”にしましょう!

 

逆に友引の日にして“わるいこと”は、
・葬式
・賭け事
など、勝ち負けがなく引き分けになる日とされるため、賭け事はやめた方がよさそうです。

→関連記事:先勝の日は逆に賭け事に適している日!その他のやって良い事悪い事もチェック!

 

そもそも六曜の意味を気にするかどうかによるので、世間一般的な観点で決断するとよさそうですね。

まとめ

友引は冠婚葬祭で気にされる日となり、社会的な影響は少なからずあるため、記憶の隅に留めておくとよさそうです。

 

まだ独身の人は、友引の日を意識してじゃんじゃん外に出向いて行くと、良い出会いがあるかもですよ!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。