生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

正月の鏡開きはいつやる?意味と方法は?お酒についても!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鏡開きはいつやる?方法についても
sponsored link

正月三が日が慌しく過ぎ去り一息ついたのも束の間、
正月に飾っておいた門松やしめ飾りなど、そろそろ片付けなきゃなと
重い腰を持ち上げようか悩んでいる頃ではないしょうか。

 

門松やしめ飾りと同じくらい大事な役割を果たす、鏡餅は飾りましたか?
鏡餅には鏡開きという正月恒例の大事な行事が残っています。

 

その鏡開きをする正式な日にちや、鏡開きのきちんとした方法は知っていますか?
実は鏡餅だけではなく、酒にも鏡開きがあったりと奥が深いのです。

 

そんな知っているようで知らない、鏡餅の鏡開きについて詳しく説明します。

sponsored link

正月に飾った鏡餅の鏡開きはいつ?

鏡餅は神様と人とを仲介する役割を果たし、
神様の依り代とされます。

 

そもそも正月の一連行事は神様を迎え、もてなし、見送るための行事のため、
迎え入れた神様の居場所となるところが鏡餅というわけです。

 

神様がいらっしゃる間を松の内といいますが、
その松の内が空けた11日に鏡開きをします。

 

鏡開きをする日は毎年変わらず、1月11日。
または旧暦にあたる、1月20日となります。
(京都では1月4日に鏡開きを行う地域があったりと、
地域や場所によって多少異なります。)

 

鏡餅を開くことにより、神様をお送りし正月に一区切りをつけるのです。
そのため、神様がいらっしゃる間は決して食べてはいけません。

 

鏡餅は平安時代から既に存在してましたが、
現在のような形で供えられるようになったのは室町時代からといわれ、
鏡開きは江戸時代にはすでに恒例行事とされていました。

 

そんな昔からの恒例行事の鏡開きですが、
鏡開きをする日は知っていても鏡開きの方法は曖昧、
または知らないという方は多いのではないでしょうか。

 

お次はそんな鏡開きの方法について説明します。

正月の行事のひとつ!鏡開きの方法は?

鏡餅は神様の依り代となり、新しい年の幸福や恵みとともに
魂を人々に分けてくださると考えられているため、
その1年分の神様の魂が宿った鏡餅をみんなでお雑煮にし食べることで、
体に魂を取り込み生命力を手に入れるとされます。

 

また、鏡開きはもともと武家から始まった行事のため、
鏡餅に刃物を使うことは切腹を連想されるため厳禁、
そこで、手や木槌などを使い割ることにしました。

 

しかし、“割る”という表現も縁起が悪いとされ、
末広がりを意味する“開く”を使い鏡開きというようになりました。

 

そのため、包丁で鏡餅を切り分けるのは禁物です。

 

現在は、スーパーなどで既に個包装パックになっている便利なものが流通してますが、
手作りや専門店などで鏡餅をこしらえる方もまだまだ多く、
伝統的な大きなお餅が2つ重なった鏡餅が立派にカチカチと乾燥したころではないでしょうか。

 

綺麗に乾燥した鏡餅だと、木槌や金槌などで少しずつ叩いて
ヒビが入ったところで、勢いよく叩くとパキーンと割れます。

 

しかし、お餅が綺麗に乾燥している状態じゃないと
こんなに気持ちよくは割れません。

 

そんな時は、お餅の表面が柔らかくなるまで水に浸して、
耐熱容器に入れラップで包み、電子レンジでチンして柔らかくしてから
手でちぎると、力を使って割る必要もなく苦労せずにすみます。

 

ただ、お餅が熱いのでヤケドに気をつけて、
水に手を浸しながら手早くちぎるようにしましょう。

 

ちなみに、鏡餅の割れ方で占いをする地域もあるそうで、
『鏡餅の割れが多ければ豊作』とされるそうなので、
男手があるところはがんばって割る方向で行くといいかもしれませんね。

正月に行う鏡開きは1回だけじゃない!酒にも鏡開きが?

実は酒樽の蓋を開くことも鏡開きといいます。

 

酒屋では、酒樽の上蓋のことを鏡と呼んでおり、
古くから日本酒は様々な行事のたびに神様へ供えられ、
祈願が済むと参列者にそのお酒を振舞い、祈願の成就を願う習慣となっています。

 

そこでやはり縁起のいい“開く”を使うことにより、
樽の鏡を開いて酒を振る舞うということで、鏡開きとなったのです。

まとめ

鏡餅には神様が分けてくれた魂を体に取り込み
生命力を手に入れる以外にも、“歯固め”という意味も含まれています。

 

歯は生きる上でとても大切な箇所のため、
丈夫な歯になって何でも食べれて、健康で長生きできますようにという
想いも込められているのです。

 

鏡餅にこんなにありがたいものだったとはびっくりですね。

 

今まで何気なく飾っていた人は、次からは神様を意識して
丁寧に鏡餅を飾ると、今よりもっと素晴らしい1年になりそうですね。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。