生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

東大寺の修二会(しゅにえ)の意味と由来は?日程や混雑状況についても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東大寺の修二会(しゅにえ)
sponsored link

奈良県の東大寺の「修二会(しゅにえ)」は、毎年行われる「不退の行法」として1260年以上、一度も休むことなく続く伝統行事です。

 

東大寺の長い歴史の中で一度も途絶えることない、今日まで引き継がれてきた修二会について今回はご紹介します。

sponsored link

東大寺の修二会(お水取り・お松明)の由来

修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言います。東大寺二月堂の本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔して国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。

 

東大寺二月堂の修二会は、天平勝宝4年(752)、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)によって始められたと伝えられています。

 

この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになりました。また二月堂の名もこのことに由来しています。

 

3月12日深夜(13日の午前1時半頃)には、「お水取り」といって、若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。

 

また、この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、夜毎、大きな松明(たいまつ)に火がともされる。このため「修二会」は「お水取り」・「お松明」とも呼ばれるようになりました。

東大寺の修二会の日程は?

東大寺二月堂での修二会の本行は3月1日から14日間です。

 

お松明は、本来、二月堂に上堂する練行衆の道明かりとして灯されるので、12日の籠松明が有名ですが、修二会期間中の3月1日から3月14日に毎日あげられています。

 

12日と14日以外は19時に大鐘が撞かれ、それを合図に「お松明」が始まります。

 

11名の練行衆が一人一人、東大寺二月堂での行のために上堂するための道明かりですが、「処世界」という役はすでに準備のため上堂しているので必要なく、通常10本の「お松明」があがります。

ただ、12日だけは、全ての練行衆が上堂するので11本の「お松明」があげられることになります。

 

12日の籠松明ともなると、長さ6mほどの根付きの竹の先端に、杉の葉やヘギ・杉の薄板で籠目状に仕上げ、直径1m、全長7mほどの大きさの松明になります。大きな松明に火がともされる姿は圧巻で、参集した人々をわかせます。

<お松明の開始時刻や本数>
3月1日~11日 19時 10本 約20分間
3月12日 19時半 11本 約45分間
3月13日 19時 10本 約20分間
3月14日 18時半 10本 約10分間(短い時間でお松明が連続して上がっていく)

東大寺の修二会の混雑状況について

3月1日から14日間行われていますが、大混雑するのは「3月12日です。

 

お松明は期間中毎日行われているのですが、12日は11本上がり、時間も一番長いので大変混雑します。12日は奈良公園周辺の交通規制、二月堂付近への入場規制が有りますので12日に見に行くという方はご注意ください。

まとめ

12日の11本上がるお松明が有名で、この日だけしか行われていないと思っている人が多くいるので12日は恐ろしく混み合います(笑)。

 

ゆっくりと見たい方や混雑を避けたい方は12日と土日を避けて行かれるのをおすすめします。まだまだ、寒い日が続きますので、行くときは暖かい服装で参加してくださいね。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。