生活に役立つ・ためになるベネフィット情報をあなたにお届けします

大安の意味と読み方は?結婚には最適も実は運勢が良くない日もある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大安にも悪い日がある
sponsored link

宝くじ売場の前でよく見かける「大安吉日」という文字。いい日だというのはなんとなく感じる事だと思いますが、この『大安』の“意味”をきちんと説明できますか?

 

今回は、六曜の5番目にあたる『大安』について、意味や結婚や入籍が勧められる理由、なんでも上手く行く日なのかについて説明していきます。

sponsored link

大安(たいあん)の意味は?

大安は六曜の六つのうち、一番良いとされる日となります。そのわけは、

 

『大いに安しの意味で万事に用いてすべて吉、婚礼などの祝儀には特に良い日。』

 

とされるためです。

 

“万事に用いてすべて吉”と、ここに多くの人が肖る(あやかる)理由があるのかと納得ですね。

 

六曜は『大安』の他に、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「赤口」と合計六つありますが、いずれも吉とされる時間は午前中だけ・午後からならなど、良きタイミングが限定されています。

 

大安は終日良いとされる日のため、宝くじなど“運”や“神”頼みのものなどの縁担ぎの日とされています。特によく耳にするのは、結婚や入籍の日取りにはもってこいだという事についてではないでしょうか。

大安の日に結婚や入籍が勧められる理由!

常識になりつつありますが、大安の日に結婚や入籍が勧められる理由ってご存知ですか?

 

『“大いに安し”ということから、終日何時でも“吉”すなわちいつでも上手く行くので安心できるおめでたい日』というから、結納から結婚式に披露宴、入籍もしくはプロポーズなど婚約婚礼などの日に選ばれるのです。

 

六曜は占いのようなもので、信じるか信じないかの世界なので本人たちの問題になりますが、もともとは中国から伝わった考え方で日本でも行事や物事などのタイミングにて強く根付いており、もはや一般常識といえるでしょう。

 

若い人たちよりは年配の方が気にする傾向にあるので、新郎新婦だけで日取り決めするのではなくきちんとご両親に相談して決めた方が円満に進むことでしょう。

 

ただ、大安の日は式場は大変人気で予約が取りづらくなるため、絶対に「大安の日じゃないとダメ!」ということであれば、思っているよりも数ヶ月〜1年前にはスケジュールを押えておく必要がありそうです。

 

もし、他の日でも問題ないというのであれば、式場は大安の日以外の空きを埋めるために割引や特典を用意していることが多いので、お得に利用したい人にはあえて違う日を選ぶのもオススメですね。

大安の日にして“わるいこと”なんてある?

大安の日は何でもしていい日なの?NGな事なんてないんじゃない?と思うかもしれませんね。ですが、実は一概にはそう言えなかったりします。

 

六曜が記載されているカレンダーを見てみるとわかるのですが、「十二直(じゅうにちょく)」という六曜と同じの暦注のひとつで、「建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉」とあり北斗七星の星の動きで吉凶の判断として用いられ昭和頃までは重要視されてました。

 

この十二直と六曜を組み合わせると、大安であってもあまり良くない日、わるい日になってしまうことがあるのです。

 

ここでは十二直については割愛させていただきますが、どちらの目線でも一番良いとされるパターンは『六曜が大安で十二直が建』である日になります。

 

ただし、ここまで気にするともう何がなんだかで一歩も踏み出せない手詰まり状態になってしまうはずなので、現代で重要視されている六曜のみの意味だけでいいのではないかと思いますよ。

まとめ

ということで『大安』ってだけでなんでもいけそうな気がしてましたが、掘り下げて調べてみると思った以上に小難しいものだとわかりましたね。

 

これからは「今日は大安だから良い事ありそうだな〜」くらいの気軽さで、カレンダーを毎日チェックしてみてはいかがでしょうか。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。